このページを印刷する

SPFレコード

独自ドメインでの運用希望、

または自動返信メールやメール配信のFROMアドレスでデフォルト以外を利用したいときに設定ください。

デフォルトのメールアドレスは、

「デモ環境:info@re5-××××.revn5.demo.iqnet.co.jp」「本番環境:info@××××.revn.jp」です。

※ ×××× は、利用中の予約システムのURL(ドメイン)によって変わります。

 

予約システムではなく、メールアドレス側での設定が必要になります。

メールアドレスを管理している方に、このページを共有ください。

 

設定方法

メール送信時の From: アドレス又は Return-Path: アドレスのドメインパートに対して SPF レコードを設定していただく必要があります。

 

example@domain.com であれば、domain.com に対してSPF レコードを設定します。

例) domain.com. IN TXT “v=spf1 a:example.revn.jp a:smtp.db-center.jp ~all”

a:example.revn.jp は、自動返信メールや管理者通知メールを送信する「共用サーバー」自体の指定です。

a:smtp.db-center.jp は、一斉メール配信(メルマガ配信)時に利用される「リレーサーバー」の指定です。

 

対象となるドメインに既に SPF レコードが設定されている場合

URLがhttps://example.revn.jp/の方は、a:example.revn.jp と a:smtp.db-center.jp

を、追加してください。

※独自ドメインの方はexample.revn.jpをご指定のドメイン(例えばreserve.example.com)に置き換えてください。

例) domain.com. IN TXT “v=spf1 a:reserve.example.com a:smtp.db-center.jp ~all”